稼ぎたくない方は決して見ないでください
【復縁マニュアル】男性限定!寄りを戻す復活愛!元カノと復縁する方法

サラリーマンの平均年収、8年連続ダウン!

サラリーマンの平均年収、8年連続ダウン!

2年前の2005年、サラリーマンの平均年収は約437万円、なんと前年比0.5%の減少していた!

国税庁では、毎年「民間給与実態調査」を行っています。
その実態調査では、民間企業に勤めるサラリーマンが2005年の1年間に得た平均給与が、その前の平均給与より2万円も減少し、これで8年連続でダウンしていることが明らかになりました。

その額は、男女平均で436万8,000円。ただし注目すべき点があります。前年より年間を通して勤務した人数は0.9%増加したにもかかわらず、全体の給与総額は0.4%しか増加していません。つまり企業は賃金を抑えながら雇用を増やしているということになります。

景気が良いと言っているのは、企業の業績が伸びているということで、サラリーマンの家計にはそれほど影響をを与えていないという結果です。それどころかサラリーマン一人当たりの平均給与額は減っているのが現状です。

国税庁の分析では、雇用者と賃金全体の伸び率の傾向から、「採用が正社員からパートなどの非正規社員にシフトしている」と見ているそうです。

しかも、平均給与を細分化すると「給料・手当」と「賞与」に分けられます。それぞれの額を見てみるとと、「給料・手当」が7,000円減少で369万4,000円。「賞与」は1万3,000円減少の67万4,000円。なんと賞与は1982年の水準まで下がってしまっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76258084
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。